中古機械検索 閉じる » 検索オプション

    購入希望を登録
    出品数 2,479

    中古 コマツ(小松製作所) 油圧ショベル(ユンボ・パワーショベル・バックホー)

    販売中のコマツ(KOMATSU)の中古油圧ショベル(パワーショベル・ユンボ・バックホー)

    株式会社小松製作所ではパワーショベルという商品名で販売されています。一般的には1990年代に社団法人日本建設機械工業会が油圧ショベルという統一名称を制定しました。コマツ社ではPC01(300キロ)~PC09(810キロ)クラスまでをマイクロショベル、PC10(1トン)~PC58(5トン)クラスまでをミニショベルPC78(7トン)~PC2000(200トン)クラスを油圧ショベルと分類しています。またマイクロショベルおよびミニショベルの後方超小旋回はMR、超小旋回はUU、油圧ショベルでは後方超小旋回はUS、超小旋回はUUのシリーズで販売されています。また近年HB205などハイブリッド油圧ショベルも販売されておりHBシリーズで販売されています。

    マスカスではコマツの油圧ショベルは12トン以上のクローラー式油圧ショベル(パワーショベル・ユンボ)7t-12tの油圧ショベル(ユンボ・パワーショベル・バックホー)7t未満のミニ油圧ショベル(ユンボ・パワーショベル・バックホー)(ミニディガー)ホイル式油圧ショベル(パワーショベル・ユンボ・バックホー)に分類されています。

    コマツの油圧ショベルのスペック・カタログ情報

    コマツの小型油圧ショベルのスペック・カタログ情報コマツのホイル式油圧ショベルのスペック・カタログ情報でサイズ、重量、エンジン、製造年式などカタログ情報を検索いただけますので、ぜひご利用ください。

    もっと読む 閉じる
    広告/ページ

    コマツの油圧ショベル

    株式会社小松製作所は1917年1月、石川県能美郡国府村で銅山を経営していた竹内鉱業が自家用機械生産のため、同郡小松町の小松駅近傍に小松鉄工所を開設したのが始まりである。太平洋戦争中には日本海軍が鹵獲した米軍のブルドーザーを同社に送り実用化の研究が始まった。これが同社とブルドーザーの関わりの始まりである。

    グローバル化にいち早く手を付けており、自動車メーカーより早い1950年代頃から海外への輸出や海外工場の展開を進めていた。1960年頃キャタピラー社の日本進出に伴いマルA対策と呼ばれる品質向上活動が行われた。この結果、飛躍的に製品の品質が向上した。これを一つの契機として世界進出が本格的に開始される。現在ではアメリカ、ヨーロッバ、アジア、中国、ブラジルなどに50近い生産拠点がある。

    建設機械業界では日本でシェア1位、世界ではシェア2位の規模を誇っている。2017年にジョイ・グローバル社を買収・子会社化したことで鉱山機械分野ではキャタピラーを売上高で上回ると予想されている。

    油圧ショベルは小型から超大型まで自社開発をしており、解体工事、林業など用途向けに専用開発した特殊使用機や電動式油圧ショベル、ハイブリッドモデルなども取り揃える。
    中古油圧ショベルにおいては作業能力、エンジン性能、燃費の良さにより世界中で引き合いが多い。
    サイズにおいてもミニショベルと呼ばれる6トン未満の機械から、油圧ショベルと区分される6トンから40トン、大型ショベル(ローディングショベル)に分類される40トンクラスまで取り揃えている。またホイール式油圧ショベルもラインナップされている。
    ブルドーザホイールローダダンプトラックモーターグレーダーロードローラー、自走式破砕機自走式土質改良機、自走式木材破砕機、バックホーローダースキッドステアローダーテレスコピックハンドラーフォークリフトなど建設機械はもちろん産業機械も扱っています。

    コマツ(小松製作所)油圧ショベルのスペック・カタログ情報

    コマツの小型油圧ショベルのスペック・カタログ情報コマツのホイル式油圧ショベルのスペック・カタログ情報でサイズ、重量、エンジン、製造年式などカタログ情報を検索いただけますので、ぜひご利用ください。